スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の生きかた

最後のエントリーです。

わたしが、かつて漠然と描いていた 『私の生きかた』。

【主人と出会う直前】

自分は、おそらく結婚も遅いか、若しくはしないか。
仕事も辞めたり転職したりすることはないかな。
キャリアを積んで、それなりに独身を謳歌しよっと。

【主人と結婚してから】

できるだけ早く赤ちゃん産みたいなあ。
わたしの方が歳が上だしね。


と、こんな感じで、思い描いていた通りに、まるで生きていない。


【乳がん確定診断、告知後】

目の前の検査・手術・治療、とにかく今日を生きるのに、ベストを尽そう。
選択を迫られたときは、主人とよく考え話し合い、後悔のない決断をしよう。
できないことは仕方がない。できることも無理のない程度に。
これからは、周りに甘えること。

【無治療期間に突入した現在】

具体的には、ノープラン。
とりあえず、一日一日を大切に。目標は3年。
いつか、希望の卵を戻せますように。
子を授かれなくても、主人・両家族・友人たちを大切に。
なにより、自分を大切に。
「昨日してもらったことは、今日自分がして返す」 S大学N先生のお言葉通り。


かつては、とにかく手足を動かしてみる、見切り発車的な言動が多かった。
危なっかしいときもあったかもしれないが、後悔なく生きてきた。

乳がんを罹患してからは、自分の思考や行動に対して、
いちいち理由・理屈・屁理屈を添えるようになった。

意識的に、自分でそうする癖をつけたこともある。

辛くて重大な選択、決断を容赦なく迫られることが少なくなく、
常に後悔がないように、メリット/デメリットを念頭に考え、
主人と答えを出して、ここまで一緒に歩いてきた。

見切り発車的な思考・行動よりも、体力も時間もかけないで済むようにはなったが、
如何せん悩むことが多い。
いや、悩み事ですらない。悩むことが悩み、みたいな。

そして、せっかちで生き急ぎがちな性格までは変わらないので、
必然と、頭と心と体のバランスが悪くなる。


今のわたしが過去を振り返れば、時代毎のスパンで見たときに、
あのときは短かったとか、あのときは長かったとか、
思うことはいろいろあるけれど、

実際のところ、今までのわたしにとっての一分一秒と、
これからの私にとっての一分一秒は、同じ質量なのだ。

時間は時間であって、伸び縮みはしない。
誰に対しても平等だ。

当たり前のことだけれど、このこと思うと、
頭でっかちになりがちな、今のわたしの肩の力が抜けて、気持ちが楽になる。


乳がんの既往歴があることで、
焦る必要もなければ、時間をかけすぎる必要もない。
楽観することもなく、悲観することもない。
慢心することもなく、卑屈になることもない。

今までのわたしを信じるように、これからの私も、同じように信じればいい。
『私の生きかた』 は、『わたしの生きかた』 の延長で、
このふたつを繋ぎとめるのは、現在のわたしに他ならない。


◇ ◆ ◇ ◆ ◇

35歳以下で乳がんを発症した、若年性乳がんキャンサーのためのサポートコミュニティです。
Pink Ring

Pink Ring は地域・病院を限定していません。
参加資格は 【35歳以下で乳がんを発症した若年性乳がんキャンサー】 ということのみです。
東京や首都圏以外のキャンサーさんのご参加も、お待ちしております。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ブログ村の思い出・・・
一度だけ、主人と順位が上下で並んだのを目撃したことがあったな(笑
うれしかった。写真撮っておけばよかった。

『彼女の生きかた』 あっての 『私の生きかた』 でした。

ありがとうございました。
スポンサーサイト

わたしの書きかた

お気づきの方もいらっしゃるかと思うが、わたしの文章は句読点がかなり多い。
これは後で、自分が推敲しやすいように、読みやすくしているためです。

特にわたしは ひらがな が好きなので、ひらがな がずらずらと続くと、
単語や文節の区切りが?になりやすいことを避けるためでもあったり。
注意しても「てにをは」怪しいのだけれど・・・。

そして、文章硬め。
これは前職の稟議や、主人のブログにも影響されている。
硬い文章の方が、これまた自分自身、読みやすく、推敲もしやすい。

ブログの当初は、ですます調で頑張っていたが、どうにもこうにも慣れなくて、
カタコトノガイジンデース的な感も、拭えなかった。

かといって、絵文字てんこ盛りの文も自分の性分ではなく、
砕けた文体も、例えるなら 【できもしない可愛い笑顔を、鏡で必死に練習している感じ】
っぽくて、抵抗があった。

しかし、野球や美容、マンション購入のテーマで記事を書いた際、
あまりにも、それら対象への愛を、文に注ぎすぎて、年甲斐もなく興奮してしまった。
それを契機に、これら文体などへの、くだらない拘りや抵抗も少なくなったと思う。

そして、割と気楽に、ブログを書けるようになった。


最近のわたしは、治療もなく、ぼちぼちと忙しくなってきた。

告知から、明日でちょうど1年が経つ。 
かつての世界を隔て、こっち側にきた日だ。
※ 正式な乳がん告知は2010年10月14日ですが、肉腫の疑い告知が9月17日だったのでね・・・

プロ野球も、ペナントを賭けて、いよいよ佳境。

前に記事にした、自分の ブログの大義 も、ほぼ実現できたと思う。
Pink Ring のアナウンスもできた。
そして、Pink Ring の活動が本格化する中、このブログを知るリアルのおともだちも増えてきた。
(自ら、このブログの話を持ち出したことがないので、かなり赤面)

なにより、ここにいることに違和感を覚えるようになってきた。

Pink Ring も、年を重ねる毎に、そのうち参加していること自体に抵抗が出てきて、
その活動から離れ、若年性乳がん『だった』と言える日が来るのだろう。

大変喜ばしく、今から待ち遠しい。


ということで。

このブログも、あとひとつ、最後の記事を上げたら更新を止めて、
ブログ村の登録も、そのうち解除しようかと思っています。

このまま放置・・・というのができない性分なので、自分自身の諸々のけじめをつけるためにも。


とは言え、乳がんのカテゴリにかかわらず、これからもどこかでブログは続けていきたいので、
ブログを通じて交流のある方々には、なにかしらの形でお伝えしたいと思います。

※ この話を主人にしたところ、彼のブログも同じようにしてほしい、との申し出でした。
(現在、主人はFacebookに移行しています。さはさりながら使う暇があまりないみたいだけれど)


心が千千に乱れ、湧いては消える泡のような自分の思考を掬い上げて、表現するというのは、
自分が思っていた以上に面倒が多く、骨も折れ、でもその分とても有意義なことだった。

自己制御することは得意。
自分の話をするのが苦手。
気をつけないと聞き手に回ってしまいがちなわたしにとって、
自己解放できて、さらには 『それに共感してもらえる』 『違う意見や見解を知ることができる』
というブログの場は、単なる日記とは違って、貴重な存在だった。

インターネットの匿名性の限界も、同時に残念に思うけれど。


偏向というのは、何事においてもよくない。

『男の生きかた』 よりも多岐にわたる 『女の生きかた』だからこそ、
自分が属するカテゴリに捕らわれず、いろんなライフステージにいる女性の目線を知るべきだと思う。

乳がんを罹患して、正直、自分の取り扱いが面倒くさくなった。
こんなに突き詰めて、人生を考えることなんてなかった。
かつては良い意味での適当さがあって、自分を追い込まないための逃げ道も用意していた。

乳がんを罹患したことを、『運命的』で、ある意味において『遺伝子的』なことと片付けるならば、
乳がんを罹患したその先にある私というものも、しっかり背負わねばならない、と思う。
むしろ、乳がんそのものやその治療よりも、この先の自分の運命の方がシンドクて大変だ。

無治療期間に突入したせいか、最近はこれからの私の運命への使命感みたいなものを強く感じる。


◇ ◆ ◇ ◆ ◇

35歳以下で乳がんを発症した、若年性乳がんキャンサーのためのサポートコミュニティです。
Pink Ring

Pink Ring は地域・病院を限定していません。
参加資格は 【35歳以下で乳がんを発症した若年性乳がんキャンサー】 ということのみです。
東京や首都圏以外のキャンサーさんのご参加も、お待ちしております。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

そうそう、わたしの書きかた。ひとつの記事が長い!っていう特徴もあったわー(笑
あれもこれも詰めちゃうのね、欲張り。

記事だけでなく、コメントも、コメントのレスも、長い長い。
わたしにとっては、ある意味コメント欄は、記事本文よりも重要だった気がします。

読んでくれる方、コメントをくださる方、感謝感謝です。

コミュニティの在りかた

微力ながらも、Pink Ring のお手伝いをしていて、最近思うことがある。
上手く言えないけど、胸のうちで、もやもやと。

そんな中、わたしが楽しみにしている中日新聞の連載が、突如終わってしまった。
落合監督の手記【読む野球】だ。

その最終回を読んで、『ああ、こういうことか』 と、すとんと腹に落ちた。

忘れないように書き留めておきたい。
書籍化されたら、可及的速やかに必ず購入するので、転載するのを許してください。


読む野球 『基礎』 -真っすぐに球を見る-

 野球は9イニングで終わり。
一昨年のオフに始まったこの連載も、前回で90回を数えた。
題材がなくなってきたこともあり、区切りのいい前回で終わりにしようと思っていたが、
野球には延長戦もあるということで、今回91回目で最終回にします。
長い間、読んでいただき、ありがとうございました。

 今回の話は、もともと最後にしようと考えていたテーマだ。
そんなこといわれなくても分かっているという人は多いだろう。
だけど、その部分がいま、一番おろそかになっているから、記しておきたい。

 人、動物、植物が生きるため、建物を建てるためには、それぞれ基になるものがある。
基礎、基盤。
呼び方はいろいろある。
野球の世界でいえば、走る、投げる、捕る、打つことだといわれがちだが、
まずは基礎体力をどうやって養うかが大事なことだ。
すぐ実技に入りたがるのが、人の習性でもある。

 人は生きていくために何をするかというと、食べる。
植物は栄養分をとって根を張る。
建物は土台をつくる。
先週末は台風がきた。
樹木は幹が太くなり、葉がたくさんつけばつくほど、支えるのは根っこ。
根が丈夫でなければ、雨風で倒れてしまう。
人も同じだが、ただ、体を大きくすればいいのかというわけではない。
植物だって、水をやりすぎても、やらなくても枯れる。
必要なのは適度な水分。
人も同じ。
食べすぎても、食べなくても病気のもとになる。

 取り組んでいて一番おもしろくないのが、基礎をつくるところ。
肝心なところを教え切れていないのが現状だと思う。
形ができあがっていくのは見栄えはいいが、基礎ができていなければ、すぐに壊れてしまう。
そこをもう一度、見直さないといけないし、教え込む必要がある。
プロ野球の世界に入ってくる人の中には、もう自分は基礎ができていると勘違いしている人がいる。
基礎ができていて初めて、応用編につながる。

 例えば、肩が下がるとか、バットが遠回りするとか、いろんなことを簡単にいう人がいる。
それを直すための答えは一つしかない。
ボールの見方なんだ。
頭の角度、ボールを見ている角度が狂うと、体がすべてそれに反応する。
真っすぐに見ていれば、体も真っすぐになる。
そこが解消されないと、正しいボールの見方はできない。
ものごとを斜めから見れば、斜めからしか情報は入ってこない。

 植物は、自分が根を生やすために、必要なところへ必要なところへと、根を張り巡らせていく。
今のスポーツ界というか人間界は、目新しいものに飛び付いて失敗し、また、元に戻るという繰り返し。
原点回帰。
言葉でいうのはやさしいけれど、そこに行き着くには、長い年月が必要になる。
いろんな失敗もしなくてはいけないんだ。

=終わり


そうそう、プロ野球だけでなく、コミュニティも、こう在るべきだと思う。

そして、私の生きかたも、こうでありたい。


◇ ◆ ◇ ◆ ◇

35歳以下で乳がんを発症した、若年性乳がんキャンサーのためのサポートコミュニティです。
Pink Ring

Pink Ring は地域・病院を限定していません。
参加資格は 【35歳以下で乳がんを発症した若年性乳がんキャンサー】 ということのみです。
東京や首都圏以外のキャンサーさんのご参加も、お待ちしております。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


落合監督が、ドラゴンズの監督を今季限りで辞任?退任?勇退?するかもしれない。
球団(オーナー)から続投要請が、まだ出ない。
(来季、ユニフォームのデザイン変わるの?ほんとに?)

落合監督以外の、ドラゴンズのゲームを観てみたいし、
落合監督が、別球団で采配を揮うゲームも観てみたい。

揺れる乙女心 ファン心理。

『妻を看取る日』

国立がんセンター名誉総長、垣添忠生先生の著書です。
わたしも主人も、未読。

それにもかかわらず記事にしたのは、昨年のこの時期に、この著書のタイトルそのまま、
NHK総合の『クローズアップ現代』という番組で放映されたのを、ふと思い出したから。

当時、わたしは告知後の動揺も激しく、主人の配慮もあり、実家に帰っていることが多かった。
母と一緒にこの番組を観たのだが、この番組冒頭で、
母から『番組を変えるか、そのまま観るか』の迷いが、瞬時に伝わってきたので、
「興味あるから、このまま観たい」と自分から申し出たのを記憶している。

当時、わたしは図書館で仏教関係、キリスト教関係の本を借りて読んでは、
己の死生観との中でぐるぐる悩んで、答えなんてもちろんないから悩むことにも飽きて・・・
と、実に不毛な生活を毎日繰り返していた。多分。
余談だが、今でもチャペルやお寺・神社、墓地などに居ると、気持ちがとても落ち着く。

まだ、死への恐怖に苛まれているときで、本やインターネットなどで諸々を調べる勇気がなかった。
そういうことは、全部主人が率先してやってくれた。

必死にわたしを救う一心で諸々を調べている主人の背中をぼんやり眺めていて、
感謝はもちろんあったけど、本心を語れば、そんな主人の姿さえも怖かった。

感謝と同じくらい、「主人がこんなに血眼になるくらいの病気なんだ」と、
死の谷底へ落下していくような孤独の闇を、自ら深めてしまっていた。

わたしが孤独だったように、主人も孤独だった。
その孤独を知ったのは、こちらの記事 →

号泣する彼を抱きしめながら、
キャンサーの孤独があれば、キャンサーを見守ることしかできない孤独も、同時に存在することを知った。

『できるなら代わってあげたい』
『ぼくも同じ病気になりたい』

かつて、この主人の言葉に怒りさえ覚えたことがある。
そのとき彼に向かって吐いた暴言。
『わたしの前で泣かないで。泣くのはわたしの役目』
いや、ほんと、暴言だった。
後に、事あるごとに詫びた。

主人の孤独を知ったとき、キャンサーの心を推し量り、かける言葉の難しさを知った。

そして、主人のそういった気持ちの真意に気付き、優しさを痛感し、
「この試練を乗り越えることで、誠心誠意、主人の気持ちに応えてみせよう」
という闘志が、初めて湧いた。

死、というのは不可避かつ、完全で最大なる孤独だ、と今でも思う。
死を看取る側としては、どうなのか。
完全で最大ではないが、それ相当の孤独、そして無力感が襲うはず。

このことを Pink Ring の際、サイコオンコロジストのH先生に尋ねたこともある。
「あなた方(患者本人)が想像している以上に、患者の配偶者は心配し、悩んでいる」
との、お話だった。

そのときの資料をそのまま一部抜粋する。
・15%が夫婦間の心理的問題についてソーシャルワーカーに相談した
・夫の41%に軽度以上の抑うつがみられた


Pink Ring は読んで字の如く『輪』なので、この輪がキャンサーに止まることなく、
キャンサーを見守る側にまで発展してくれたら、と切に願っている。
(実際、わたしが通う病院では、昔、キャンサーの配偶者のコミュニティがあったと聞いている)

この番組放映の後、主人と書店で医学書を探していたところ、たまたまこの本が平積みしてあり、
「読んでみる?」と主人に問うたところ、
主人が「いや、読めない」と、にわかに涙ぐんだ目を背けたのを覚えている。

主人もわたしも、そう近いうちは、この本を手に取ることはないと思う。
それでいい。


◇ ◆ ◇ ◆ ◇

35歳以下で乳がんを発症した、若年性乳がんキャンサーのためのサポートコミュニティです。
Pink Ring

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

極楽や天国は「聖☆おにいさん」みたいな世界だったらうれしい。
(わたしが通う病院の本棚には、この漫画が何故か揃っている、笑)

ギリシャ神話のような、人間くさい神々が迎えてくれたら。

人間ドック予約の後の沈思黙考、そして地上221メートルのビアテラス。

昨日、ビアテラス(ビアガーデンちゃうで!ビアテラスや!)に行く前に、
わたしの通う病院での人間ドックを申し込んできた。

社会人になって以降、1年に一回、欠かさず検診を受けている。
乳がん、婦人科系の検査ももちろん追加オプションで申し込んでいる。
人間ドックは、これで3回目(30歳記念、昨年、そして今回)。

こうして毎年、真面目に検査していても、乳がんになる。
乳がん検査は、触診+マンモ+エコー、必ずトリプルで受けるように国で徹底すべき。

閑話休題。

昨年は港区のS病院系列のメディカルセンターで受けた。
詳しくはこちら →

このメディカルセンター、青山一丁目駅を下車して出口からすぐの距離。
また、中のロビーも各階の待合も内装も、どこもかしこもホテル並みに絢爛豪華!
医療スタッフも、コンシェルジュみたいな慇懃さ。
最上階のレストランも、かなり気になった。

主人の会社から一定金額の補助金が出るので、どこにしようかと毎年病院を悩むのだけれど、
ここはかなりインパクトがあった。こういう世界があるんだなあ、と社会勉強になった。
胃のバリウム検査で、ブスコバン注射を打たなかったことも、心証良好。あれ、すごく痛いの。

昨年ほどの絢爛豪華さはないにせよ、今回の予防医療センターも豪華。
受付がホテルのフロントみたいで、ロビーも静かで落ち着きある風情。

今回は、主治医がプリントアウトしてくれた紹介状という名の割引券(笑)で10,500円引きになった。
胃の検査は、バリウムではなく内視鏡検査を選択。
(今年5月、FEC治療中に検査しているのだけれど →

上部消化管内視鏡コース 76,650円(消費税込) → 66,150円 (高っ!)

※ 今回は乳がん検査のオプションは付けなかった。
(同時期にブレストセンターの1年検診があるため。「手術より」1年、という意味合い)
エコーが精密エコーなら追加していたが、受付で確認してもらったところ普通のエコーだったので。

自費負担はいくらくらいかな・・・
この人間ドックの結果も一元管理しておいてもらえば、なんとなく安心する。


ビアテラスの予約時間まで、あと1時間程度。
チャペルで礼拝した後、旧館ロビーで寛ぐ。

20110909164723.jpg  20110909164839.jpg

クラシックホテルのような空間。
靴を脱ぎ、オットマンに足を置き、目を閉じる。
チャペルからのパイプオルガンの音色が、耳を撫でていく。

ここでは、疲労困憊といった面持ちのドクターが、ソファーに横になり、
鼾を掻いて爆睡している光景を、よく目にする。
お疲れさまです。ありがとうございます。ご自愛ください。


定刻になり、月に1回はランチしているのではないかと思われる、こちらのビアテラスへ。
RESTAURANT LUKE

20110909182508.jpg  20110909182633.jpg

東京駅と、スカイツリー。

20110909183242.jpg

月とお台場。
月が夜空に開いた穴に見えた。

PRE2期-Dayの3人で乾杯。
1歳7ヶ月の男の子のママ、バリキャリシングル、子のいない人生ハーフタイム中の人。
ライフステージが違う3人。
喜びも、悩みも、生活自体が全く異なる3人だが、
『フェーズが違うゆえの共感』って、全く同じ者同士の共感よりも心に響くってとき、ある。

頭と心を柔軟に、優しく。お互いの立場を、想像する・理解する力を引き出すための酔い。
五感を研ぎ澄まして、広げて、女の勘も働かせて。

上手く表現できないのだけれども、悩みなんか雲散霧消。

寛大なわたしたちと、寛大な夜景と、寛大な夏の終わりだった。


◇ ◆ ◇ ◆ ◇

35歳以下で乳がんを発症した、若年性乳がんキャンサーのためのサポートコミュニティです。
Pink Ring

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ビアテラスのお料理は、はっきり言って、残念。がっかり。
量も少ないし、温かいパスタなども風のせいか冷えるのが早い。

料理(デザート付)、ビールジョッキ×3、ワインフルボトル(赤・白)各1本、チャージなどなど、
全部で一人7,000円。

この夜景を考えたら安い。のかな?
来年は、中秋の名月の日に予約しよう!


話変わって、まさおさんとハンカティーフの顔、高校球児から変わらないわー!(羨
わたし、今の球界で一番のストレートって、まさおさんだと思うのだけれど、
やはり、ダルさんの方が人気なのかな?
変化球投手も好きだけど(オリの金子ちーちゃんとか)
・・・野球ネタって、(あんまり)反響ないのだった(寂
プロフィール

le lys

Author:le lys

最新記事
最新コメント
カテゴリ
私の生きかた
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。