スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニティの在りかた

微力ながらも、Pink Ring のお手伝いをしていて、最近思うことがある。
上手く言えないけど、胸のうちで、もやもやと。

そんな中、わたしが楽しみにしている中日新聞の連載が、突如終わってしまった。
落合監督の手記【読む野球】だ。

その最終回を読んで、『ああ、こういうことか』 と、すとんと腹に落ちた。

忘れないように書き留めておきたい。
書籍化されたら、可及的速やかに必ず購入するので、転載するのを許してください。


読む野球 『基礎』 -真っすぐに球を見る-

 野球は9イニングで終わり。
一昨年のオフに始まったこの連載も、前回で90回を数えた。
題材がなくなってきたこともあり、区切りのいい前回で終わりにしようと思っていたが、
野球には延長戦もあるということで、今回91回目で最終回にします。
長い間、読んでいただき、ありがとうございました。

 今回の話は、もともと最後にしようと考えていたテーマだ。
そんなこといわれなくても分かっているという人は多いだろう。
だけど、その部分がいま、一番おろそかになっているから、記しておきたい。

 人、動物、植物が生きるため、建物を建てるためには、それぞれ基になるものがある。
基礎、基盤。
呼び方はいろいろある。
野球の世界でいえば、走る、投げる、捕る、打つことだといわれがちだが、
まずは基礎体力をどうやって養うかが大事なことだ。
すぐ実技に入りたがるのが、人の習性でもある。

 人は生きていくために何をするかというと、食べる。
植物は栄養分をとって根を張る。
建物は土台をつくる。
先週末は台風がきた。
樹木は幹が太くなり、葉がたくさんつけばつくほど、支えるのは根っこ。
根が丈夫でなければ、雨風で倒れてしまう。
人も同じだが、ただ、体を大きくすればいいのかというわけではない。
植物だって、水をやりすぎても、やらなくても枯れる。
必要なのは適度な水分。
人も同じ。
食べすぎても、食べなくても病気のもとになる。

 取り組んでいて一番おもしろくないのが、基礎をつくるところ。
肝心なところを教え切れていないのが現状だと思う。
形ができあがっていくのは見栄えはいいが、基礎ができていなければ、すぐに壊れてしまう。
そこをもう一度、見直さないといけないし、教え込む必要がある。
プロ野球の世界に入ってくる人の中には、もう自分は基礎ができていると勘違いしている人がいる。
基礎ができていて初めて、応用編につながる。

 例えば、肩が下がるとか、バットが遠回りするとか、いろんなことを簡単にいう人がいる。
それを直すための答えは一つしかない。
ボールの見方なんだ。
頭の角度、ボールを見ている角度が狂うと、体がすべてそれに反応する。
真っすぐに見ていれば、体も真っすぐになる。
そこが解消されないと、正しいボールの見方はできない。
ものごとを斜めから見れば、斜めからしか情報は入ってこない。

 植物は、自分が根を生やすために、必要なところへ必要なところへと、根を張り巡らせていく。
今のスポーツ界というか人間界は、目新しいものに飛び付いて失敗し、また、元に戻るという繰り返し。
原点回帰。
言葉でいうのはやさしいけれど、そこに行き着くには、長い年月が必要になる。
いろんな失敗もしなくてはいけないんだ。

=終わり


そうそう、プロ野球だけでなく、コミュニティも、こう在るべきだと思う。

そして、私の生きかたも、こうでありたい。


◇ ◆ ◇ ◆ ◇

35歳以下で乳がんを発症した、若年性乳がんキャンサーのためのサポートコミュニティです。
Pink Ring

Pink Ring は地域・病院を限定していません。
参加資格は 【35歳以下で乳がんを発症した若年性乳がんキャンサー】 ということのみです。
東京や首都圏以外のキャンサーさんのご参加も、お待ちしております。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


落合監督が、ドラゴンズの監督を今季限りで辞任?退任?勇退?するかもしれない。
球団(オーナー)から続投要請が、まだ出ない。
(来季、ユニフォームのデザイン変わるの?ほんとに?)

落合監督以外の、ドラゴンズのゲームを観てみたいし、
落合監督が、別球団で采配を揮うゲームも観てみたい。

揺れる乙女心 ファン心理。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

ちぃさん、こんにちはゆずはです(*´ω`*)ノ
実は今、新しいコミュニティを、立ち上げようと、
本格的に動き始めたのですが、
”本当にこれでいいのか”とか、
”今やっている事って意味があるの?”とか、
”知識がない私がリーダーでいいのか、
広報に徹したほうがいいんじゃないか?”
とか、色々思い悩んでいたところだったので、
この記事を読ませていただいただいて、
こう、脳みそを直接ガツーンと殴られたような思いがしました。

病院・企業そして患者さんが応援してくれているので、
とりあえず、突っ走ろう!と色々画策・奔走していたのですが、
自分が何をしたいのか、どういうコミュニティを目指しているのか、
そして、コミュニティに賛同してくれる人達は、
何を私に何を求めているのか…等の
”基礎”をもう一度考えて固めたいと、思いました。

上手くいっている今だからこそ、
基礎にもどって、今後、ぐらつかない”柱”を作ることが大事なんですよね。

タイミングよすぎて、本当に目からウロコでした。
ありがとうございます。

===============================

そして、落合監督の件びっくりでした。
人間的に大好きな方だったので結構ショックです('A`)

No title

あぁ、なんて大事なこと。
それをこんなにわかりやすく、伝わりやすく書けるなんて。
なんてすごい人なんだ、落合監督。

どんなことにも言えることですよね。
私は読みながら、子育てにも通ずるお話だなって思いました。
大人になってもそうだけど、子供はその何倍も、今が基礎を作る時期。
体の成長はもちろん、心の成長・躾・人とのかかわり方、すべて。
今教えなくていつ教えるんだ、と思って毎日子供と向き合ってるけど
なんだかより深く考えさせられるお話でした。
私も子供にぶれない人間になってほしい。
反抗期が激しくても変わった趣味ができても良い。
ただ人とまっずぐに関わりあえる人間になってほしい。

なんだか違う話になっちゃいましたね、すみません(汗
自分自身が歪んだ人間なだけに、見透かされたように心に響きました。
私も子供と一緒に基礎を作り直すぞー!おーっ!w

>>ゆずはちゃん

おお!ゆずはちゃん(^ω^)こんにちは

組織の立ち上げに一から参画できる機会って、そうそうないよね。
病院と企業の後ろ盾があるということは、NPOにするのかな?
しかも代表となると、病院の目的・企業の目的、なによりもキャンサーの目的を
達成しないといけないから、その調整なんかも難しそうだね。
まさに腕の揮いどころですね!

代表は、コミュニティを引っぱっていくリーダーシップと、カリスマ的な魅力と、
一貫した思いが必要なのかなって、サポートする側は思ってます。

でも、その匙加減を誤ると、代表の独壇場の場でしかなくなるし、
私利私欲に走ってしまいがちになるし、排他的なコミュニティになってしまう。

「若年性」というカテゴリ内でも、いろんなライフフェーズによって喜びも悩みも違う。
20代と35歳のキャンサーの間にはジェネレーションギャップがある。若作りしてもね(笑
その垣根を取っ払って、みんなでキャンサーマインドを共有化できるかということなんだと思います。

それができなければ、ブログ仲間や、仲間内の仲良しサークルで十分だと思うし、
それら馴れ合いと差別化が図れない。

ほんとは今一歩の勇気が出ないキャンサーにこそ参加してもらいたいのだけれど。
そこの潜在層の発掘こそ、メンバー全員で取り組んでいかねば、と思ってます。

ビジョンを持った、温かく、かわゆい、おしゃれなコミュニティをつくってね!(^ω^)ノシ

>>もなかちゃん

子育て!たしかにそうだー!
もなかちゃんのコメント見て、すんごい納得いったわ(^ω^)うんうん
落合監督のこの記事は、読み手が誰であれ、人それぞれに注意喚起を促せるようにしたと思う。

まさに「三つ子の魂百まで」が、環境にも影響されるのであれば、
親が子にしてあげなければいけないこともたくさんあるし、
子が自ら選択する意思を、親が尊重しなければいけないことも、たくさんあるんだな、と。

『ただ人とまっずぐに関わりあえる人間になってほしい。』
もなかちゃんの愛をたくさん受けて、お子さん優しく逞しく育っているから大丈夫!
わんぱくでもいい・・・丸大食品だよね!(笑

落合監督は実績があるから、金言がいろいろ多いです。
こういう監督のもと、大好きな野球ができるドラゴンズ選手って、
ほんと幸せだろうなー(^ω^)だからがんばれ!
プロフィール

le lys

Author:le lys

最新記事
最新コメント
カテゴリ
私の生きかた
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。