スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病理診断結果と治療の経過

【病理診断結果】(手術後の確定診断結果)

腫瘍径:0.7*0.5*0.6

核異型スコア:3
核分裂スコア:3
核グレード:3

エストロゲン:0
プロゲステロン:0
HER2タンパク:0

脈管侵襲:なし
MIB-1 index:92.1% ※マンモトーム生検の数値

病期:Ⅰ期


【治療の経過】

2010年11月19日 左側乳房温存手術
2010年12月13日 ドセタキセル①
2011年1月4日 ドセタキセル②
2011年1月24日 ドセタキセル③
2011年2月14日 ドセタキセル④
2011年3月7日 FEC①
2011年4月4日 FEC② ※血液検査の結果が芳しくなく、一週間延期となった
2011年4月25日 FEC③
2011年5月16日 FEC④
2011年6月13日 放射線治療開始

詳細については主人のブログをご参照ください。

トリプルネガティブ乳がんなので、ホルモン治療はありません。
放射線治療で全ての治療が終了します。

主治医によると、手術した11月に毎年検診(マンモ、エコー、触診、血液検査など)
を実施するとのこと。
これに合わせて、毎年受診している人間ドックも同病院で行っていく予定です。

・・・こう淡々と記述はしたものの・・・
2010年9月の発覚から約10ヶ月間の激動の日々を思うと感慨無量です。
正直なところ疲労感もあり、達成感もあります。

苦しく辛い日々でしたが、それと同じ分、楽しく喜びに満ちた日々でした。
罹患してから、今まで気付かなかったいろいろな『愛』を知ることができました。

わたしを支えてくれた方々への感謝で胸がいっぱいです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

Author:le lys

最新記事
最新コメント
カテゴリ
私の生きかた
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。