スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかがイメトレ、されどイメトレ。

以前の記事で書き忘れたこと。→ 抗がん剤投与中の過ごしかた

わたしのブログで度々登場する、サイコオンコロジストのH先生に、
夜寝る前のリラックス法などのイメージトレーニングも、御教授いただいたのだが、
そのイメトレの中に、「がん細胞が薬にやっつけられるイメージ」というのがあった。

わたしのイメージは、エヘン虫みたいながん細胞(紫)が、
パックマンみたいな薬(白でしかもぴかぴかと輝いている)によって、
パクパクと食べられるようなイメージ。

これを、実際の抗がん剤投与中にもすると良い、とおっしゃっていた。
確かに抗がん剤の効き目が上がりそうな気持ちになった(FECのときはそんな余裕なし)

わたしはTNBCなので、ハーセプチンやホルモン薬の知識はないのだけれど、
例えば、風邪をひいたときなどにも、このイメトレは使えると思う。

この「がんと薬のイメージ、がんが薬にやっつけられるイメージ」は、
Pink Ring(若年性乳がんのコミュニティ)のメンバー十人十色で、聞いていてとても楽しかった。

余談だが、リラックスをするときのコツは

(1)目を閉じて、腹式呼吸。
(2)息を吐くときは、息を吸うときの倍の時間をかける。
(3)背中にお日さまが当たっているイメージ。
(4)手がじわじわと温かくなっていくイメージ。
(5)今まで自分が実際行ったことのあるリゾートなどを、頭に思い描いて。
   そのときの風の感触、波の音、花の香りなど、具体的に思い出す。

もう半年以上も前のことなのでうろ覚えで申し訳ないが、睡眠導入時に効果的です。
わたしは、椅子に腰掛けて、好きなお香を焚いても実践していました。
ヨガや座禅にも、もしかしたら同じような、いやそれ以上の効用があるかもしれません。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ゴルフの前の日に、ケーブルのGOLF NETWORKチャンネルで、
女子プロのツアーなどを観て、イメトレしていた。(特にティショットが有効)
ちなみに、宮里藍プロが大好きです。
スポンサーサイト

抗がん剤投薬中の過ごしかた

boo-koro さんの記事を読んで、わたしは抗がん剤投薬中に何をしていたのか、
ちょっと振り返ってみた。

1)看護師・医師の診察前に、副作用と体調の記録メモ(ケイタイに毎回保存しておいた)の確認。
2)医師との診察後に、医師からのお話をまとめて、ケイタイに打ち込み、そのまま主人へ送信。
3)オンコロジーセンター受付にある本を、借りて読む。
4)DS『おいでよ どうぶつの森』で癒される。
5)FECのときは、かすみ目がひどく、頭痛もしたので、
リクライニングを極限までフラットにして、ひたすらふて寝。
冬場の化学療法だったので、毛布を追加でもらい、血管を温めるアレも追加でもらい、
貼るカイロをお腹と背中に貼っていた。(それでホトフラの度に毛布をばさーっと剥いでいた)

オンコロでは、少しでもストレスフリーになるために、
かつらを脱いで、donchanに教えてもらったフリースの帽子を被っていた。
(冬場のはげちゃびん頭に、暖かく、ちくちくしないし、おすすめです)

また、席にはTVも備え付けられており、ヘッドフォンを持参すれば視聴もできたのだが、
TVは普段よりあまり見ないため、一回も電源を入れたことがない。

【白血球/好中球の記録】

DOC 1回目・・・5700/2998
DOC 2回目・・・6000/3330
DOC 3回目・・・6900/4036
DOC 4回目・・・5600/3595
FEC 1回目・・・6600/4092
FEC 2回目・・・3200/1337 ※ 数値が悪く、1週間延期
FEC 2回目・・・5300/3121
FEC 3回目・・・3000/1266 ※ なぜか強行突破
FEC 4回目・・・2900/1302 ※ 最終回なので強行突破

FECのときは、戻りが芳しくない。
体調や気分は完全復活しているのに、数値はそれに比例しないことが分かった。

・・・書いていて、いろいろ思い出した。
室内屋外問わず、いつでもどこでもマスクしていた。
時季柄、インフル予防と花粉症の方も多く、周囲からあまり浮かなかった。
かつらとマスク効果で、かなり外出のときの準備が楽だった。
目の周りに日焼け止めを塗って、眉頭をちょっと描くだけで、
ちゃんとしている女性になったのはうれしかった。
※ マスクを取らずに済むお出かけ時に限ります。

花粉症の季節は、これに加えてサングラスもOKな世間の風潮。
※ 銀行などでは思いっきり不審者になるため、注意が必要です。

眉毛がないから「眉毛が生えていたと推測される毛穴に沿って描く」という苦行だったため、
フルメイクは時間がかかったなあ。つけ睫毛も慣れるまで時間かかった・・・。

ふりかえると、あれこれ出てくる。
すごく前のようで、まだ1年も経っていない。
改めて、人生の荒波の中を必死に泳いでいた、実に濃い時間だったと思う。
必死に泳いでも、ずいぶん沖の方まで流されてしまったけど・・・
ああ、彼の岸まで遠いなあ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ちょ、ちょっと、初回監督退場って!
通算8度目の退場とか(笑
ネルっちの援護頼むよ。投げても投げても勝ちがつかないの、かわいそ過ぎる!(怒
↓ こちらの記事にとてもわくわくです!
落合監督、震災復興試合「オレが監督やるよ」

ただ、何故ニュースソースが、中スポ(中日スポーツ)じゃなくて、
デイリー(デイリースポーツ)なんだろう・・・不思議。
今日、ナゴド「浴衣デー」だ。いいなあ。
野球観に行きたいし、浴衣着たいよー(泣

抗がん剤投与の谷間にしたこと

それは、『お片づけ、お掃除』に尽きると思う。
(もちろん「好きなものを食べる」「お酒を飲む」「お外で遊ぶ」の三大ごほうびは除いてます)

わたしは、あまりモノを出しておくのが好きではない。
かなりの「しまっちゃうおじさん」だと思う。
※ しまっちゃうおじさんは、わたしの大好きなアニメ 「ぼのぼの」のキャラクターです。
ほこり被るのがいや。
なので、母の作品も季節毎にローテーションして飾っている。

我が家には納戸(2畳半程度)と、廊下にちょっとしたSICみたいのがある。
激狭なWICから溢れた、夏服やスポーツウエア(虫食いの恐れがない洋服たち)、
ゴルフバッグ・ゴルフ小物、季節の電化製品、他、使用頻度が低いものや、
捨てるまで一時保管されるものなどなどが、この納戸に「しまっちゃおうねえー」される。

ちなみに、わたしの収納方法はかなり大雑把。
転勤族なので、収納用品をおいそれと増やすわけにもいかない。
※ 詳しくは、こちらこちらの記事ご参照。

モノのありかさえ、しっかり把握していればよし!としている。
片付け・収納カテゴリーのブログを見ると、みなさんきっちりしていて感動する。
気分がもやもやしているときに、このカテゴリーのブログを見ると、すっきりして、落ち着く。
(でも、きっちりしすぎていて、逆にイライラしないのかなあ、と疑問に思うこともある)

お掃除は、週に1回、掃除機とクイックルワイパー(湿)をかけている。
クイックルワイパー(乾)は毎朝かけている。
水周りは2週間に1回、徹底的にぴかぴかにする。 これがなんともすっきりする。
水周りだけは放置しておくと悲惨なことになるし、虫も怖いので、できるだけ、まめに掃除している。
あとは、お部屋毎に区切って、月に1回程度、決めた場所を徹底的にお掃除している。

ルールで明確化せず、とてもアバウトに、気分次第で、お掃除もお片づけもしているが、
化学療法の最中は、こうもいかなかった。

副作用ピーク中(特にFEC)は、なにもできないし、
徐々に回復していく時期も、お茶碗洗い、洗濯、それらを干して・・・が関の山だった。

新聞・チラシ・DM・レシートなどは、気付かぬうちにテーブルの上に積まれていたし、
(テーブルの上には飾り物以外置きたくない)、ほこりは積もるし、洗濯物は畳まれないまま・・・

本来の納まるべき場所に、モノが納まっていないのにイライラして気持ちばかり急く自分がもどかしく、
これらが視覚に入ってくるのが、ストレスでたまらなかった。

かといって、日々お疲れの主人に、ああして、こうして、と指示するのも気が引けた。
(しかし、感情が積もりに積もって主人に爆発するので、彼にとっては、とんだとばっちりだったと思う)

全快して、お掃除とお片づけを存分にやるのが、楽しみのひとつだった。

夫婦ふたりでこんなありさまだったのに、お子さんがいらっしゃる家庭ではどんな感じなのか、
大変興味深いところだ。

告知されて、自分の命が長くないかもしれないと思ったとき、だいぶ自分のモノを処分した。

まだ着られると思っていた服や、修理してまた使おうとか思っていたモノも、あっさり捨てた。
この世への執着が先立ち、モノに対しての執着などは、殆どなかったのかな。 不思議。

常日頃より、転勤族なので、極力モノを買わないように、溜め込まないように、と気をつけていたが、
捨てられるものは、まだまだたくさんあった。

以前記事にしたが、著名なサイコオンコロジストのH先生も、
「今流行りの断捨離は、精神腫瘍学的にも良い」(またも、うろ覚え)
みたいなことをおっしゃっていた。

治療が終わった今、今一度、お部屋ひとつひとつを見直して、身辺整理をきっちりしておこうと思う。

おともだちブロガー、もなかちゃんのブログ→ (^ω^)
アイディア豊かで、とても参考になります!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

UPするタイミングを失った写真たち

20110721095524.jpg

放射線治療中に、上野駅で見た「特急草津」
これって国鉄車両?
とにかく、いかつい感じでかっこよかった!

20110721164518_2.jpg

Kちゃんの赤ちゃん、わたしのかつらに、おそるおそる手を伸ばし中。
シュールな感じが良い。

FEC治療中の食事

副作用ピーク中に食べたものです。括弧内は特にお気に入りだったものです。

・茶碗蒸し
・生姜たっぷりの湯豆腐、冷奴
・無印良品のレトルトスープ(トムヤンクン、酸辣湯)
・ネギ抜きで生姜たっぷりのそうめん・蕎麦
・アイス(ガリガリ君各種、セブンプレミアムのチョコミント)
・ゼリー(フジッコのゼリー)
・果物(パイナップル、すいか、グレープフルーツ、いよかん、はっさく、甘夏など)
・フルーツトマト(愛知県産のピッコロトマト、埼玉県産のうまかんべえトマト)
・梅干
・ガム(XYLISHのハイパークール、フルーツミント)

不定期に味覚障害があり口内が甘いかしょっぱいかなので、
都度食べられるものが違いました。
口内が甘い際、甘いものが食べたいときもあるし、
逆にしょっぱいものが食べたいときもある。

口内がつるつると油っぽくなるときは不思議と揚げ物が食べたくなり、
スーパーやコンビニのお惣菜やマックのポテトを食べたりなどもしてました。

飲み物に関しても、以下のものから都度チョイス。

・三ツ矢サイダー
・ペリエ
・100%ジュース(ウェルチ、福田農場ワイナリーのジュース)
・オロナミンC
・牛乳
※水、お茶類、コーヒーは一切受け付けず

我が家はイトーヨーカドーから徒歩2分と至近なのですが、
化学療法中、外出が辛いときはイオンのネットスーパーを利用していました。
郵送料が105円で野菜の鮮度も良かったです。
震災後はネットスーパーが利用中止となったので、
日持ちの良いものは体調の良いときにイトーヨーカドーでまとめ買いしておいて、
野菜、果物などの生鮮食料品は実母に差し入れを頼みました。

化学療法の事前コンサルトや、病院からもらった小冊子のアドバイスに従い、
食の問題を乗り切ることができました。

①栄養価を気にせず、無理なく食べられるものを食べる
②レトルトや冷凍食品、出来合いのお惣菜などをうまく活用する
③炭水化物(特に麺類)は比較的食べやすい
④塩味だけではなく、香辛料などを取り入れる
⑤酸味のある食べ物をとる
⑥後味のよい食べ物をとる

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

FECの副作用

現在も『FEC』の字を見ただけで吐き気を催します。
病院に行った際は、オンコロジーセンターを視野に入れないように、
そして近付かないようにしています。

わたしのFECの副作用を時系列的にまとめてみました。

【投与当日~イメンド、デカドロンの処方がある3日目】・・・吐き気、胸のむかつき:中

【4日目~8日目】・・・吐き気、胸のむかつき・つかえ:強
※我慢できなくなった際にプリンペランを飲むも、効き目があまり実感できず

【9日目~12日目】・・・吐き気、胸のむかつき・つかえ:中→弱
※11日目、12日目にDOCの副作用で見られた全身筋肉痛のような症状が出たので驚いた

【13日目~投与前日】・・・通常近くまで回復するも、ふらふらと貧血気味


2010年12月を最後に、生理が止まりました。
それからというものの、ホットフラッシュが昼夜問わず一日中頻発しています。

このホットフラッシュと吐き気、胸のむかつき・つかえの
『負の相乗効果』がとてもとってもキツかった!

このときはFEC4回の完遂が危ぶまれ(DOC先行でホントよかった)、鬱っぽくなり、
生への自信が全く持てなくなりました。

現在ホトフラは相変わらずですが、大汗掻きつつ元気いっぱい外を闊歩しています。

吐き気はあったものの、嘔吐したことは一度もありませんでした。
これはイメンドの効力が大きいと思います。

吐き気も、副作用なのか空腹によるものなのか判断できないときがあり、
そのときは実際食べてみないと分からなかったです。かなり厄介。

この他に以下の症状がありました。

・深刻な便秘→ラキソベロン、ミルマグ錠で対処。食べられるときはプルーンも◎
・嗅覚が鋭くなる→各種洗剤やボディーソープ、化粧品に悩まされる
・胃の痛み→5月9日に胃カメラ実施、逆流性食道炎。胃は異常なし
・味覚障害→甘いかしょっぱいか
・口内がつるつると油っぽくなる感じ→としか他に言いようがない。とっても不快!
・睫毛、眉毛の更なる脱毛→人生初のつけ睫毛を経験。なぜか髪の毛は元気に発毛
・不定期に左腕の痛みと痺れ→今のところ原因不明。経過観察中
・顔のしみ(肝斑?)、くすみ→ブレストサージャリークリニック受診を検討中
・かすみ目→おそらくホトフラによるもの。眼科の目薬で対処

そう言えば、毎回白血球:3000前後、好中球:1300前後と低水準の回復だったにもかかわらず、
発熱が一回も無かったな。

DOCのときは毎回の血液検査では白血球:6000前後、好中球:3000~4000と
超優秀であったにもかかわらず、4回中2回発熱していました。

抗がん剤の副作用は辛いのはもちろん、面倒なこと、不可解なことが多いですね。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
プロフィール

Author:le lys

最新記事
最新コメント
カテゴリ
私の生きかた
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。