スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログの大義

以前、協力した若年性乳がんのアンケートで(記事はこちら→
「乳がんの情報を、どこで収集したか?」というような問いがあり、
医師や本といった選択肢が並ぶ中、「ブログ」も、そこに名を連ねていたので、驚いた記憶がある。
こういった選択肢にもなるくらいなのだから、やはりブログの影響というのは大きいのだろう。

日ごろお世話になっている医師に、このお話をしたところ、
ブログは乳がんの患者さん自身が書いているものが多く、
実際の経験談や、生きた心情が記されており、
本や雑誌では伝えきれないことが、ブログでは可能なので、
患者さんにとっては、身近で、リアリティーがあり、
治療の励みになるツールなのではないか、とのことだった。

しかし、正誤が入り乱れており、また、医学を学んでいない人では、その判断も難しく、
ニュアンスの違いで、間違った捉え方をしてしまうことも少なくない。
そして、ブログに限らずとも、医学の目覚しい進歩で、今ある情報は、どんどん古くなっていくので、
やはり、ブログは参考程度に止めておいて、
正しい情報を得るには、信頼できる医療従事者に求めるのが良い、とのことだった。


わたしがブログを書いてみようと思った動機は、いくつかある。

(1)がんに対し、ファイティングスピリットを常に持ち続けるため。

(2)治療の最後までを、自分の記録として残しておくため。
 主人のブログが、化学療法(DOC)の途中から更新頻度が落ちてしまった。
 ※ 主人のブログはこちら→ (^ω^)
 
 抗がん剤治療中は、心身ともに辛くパソコンに向かうこともできないときが多かったが、
 化学療法を完遂したときに、忘れないうちに、書きたいことは書いておきたかった。
 こんな経験などしたくなかったけど、経験としては、得がたくも貴重な経験なので、
 風化させたくなかった。

(3)主人への情報伝達ツール。
 メールよりも詳細に伝えられ、会話よりも要旨を整理して伝えられる。
 「話し忘れた」「聞いていない」などのリスクヘッジにもなる。

(4)脳の衰えを防ぐため。ケモブレインのリハビリ目的。
 功を奏しているのかは、甚だ疑問。
 テーマを選んで、文章を考えたり、構成を考えたり、推敲したり。
 毎回、難産・・・悲しいけど、わたしの地頭の程度の限界、というのもある。
 記事をあげても、自分で書いた文章は客観的に読むのが難しく、なんだかいつもヘンテコな感じ。
 コメントをいただいたり、ポチっとしてもらえると、苦労も報われたようで、とても嬉しい。

(5)後に自分で読み返した際の「若返り効果」と「自信復活効果」に期待を込めて。
 この先、心身ともに辛くなったり、悲しくなったりしたときに、自分自身を支え、励ます手立ては、
 多いほうがいいと思っている。
 「辛かったけど、あんなに頑張った」とか、「あのときは楽しかった」とか、
 「美味しかったからまた食べたい」とか。
 自分を若返らせて、自信を回復させるために、力強く生きた過去や、温かく美しい思い出は、
 多ければ多いほど、いい。
 「今の自分は、この過去の自分と同じ人間なんだ」と、未来の自分が思ってくれたらいいな。

(6)未来における、選択の場面での拠りどころ。
 医師・看護師などの言葉や、読んだ本の引用を記したことで、栞的な役割を果たしてもらいたい。
 (知りたい情報を、ぱっと調べられる。みたいな)

(7)今年9月発足する若年性乳がんのコミュニティ「Pink Ring」のアナウンス。
 研究責任医師のK先生、了承済。

いろいろな動機があるが、乳がんに対して、まだ何か書きたいことがあるうちは、
更新頻度が落ちても、このカテゴリーに登録しておいても良い気がした。
(ブログ村に登録することで、自分の記事に対する反応が分かるので、興味深い)
乳がん以外の、自分に当てはまるカテゴリー探しって、けっこう難しい。
いろんなことを書きたいので、主婦のカテゴリーが無難なのかな。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

今季ヤクルト戦、2勝目って・・・(笑 
5月5日ぶりって・・・(泣
自力優勝、首の皮一枚繋がった・・・はあ。

ソト!ようやった!連敗ストッパー!
Mr.ビーンに似てるー。
ソトの本名、エンジェルベルト・ソト。
まさに、エンジェルー♪

森野、7月月間MVPおめでとう!え!?初受賞なの!?
タイムリーたくさん打ってね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

le lys

Author:le lys

最新記事
最新コメント
カテゴリ
私の生きかた
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。