スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すっかり忘れていた放射線治療後の話

だいぶ前の話だが、8月8日(月)「放射線治療2週間後診察」に、主人と行った。

放治科での主治医S先生の診察で、「全く問題なし」とのお墨付きを頂戴する。
皮膚炎も完全に沈静化し、快方に向かっており、
時折感じる乳房痛も、『10年経っても感じる人は多い』というスウェーデン(ノルウェーだったかも)の
治験(?)論文のデータを見せていただく。

気にしない、気にしない。
この乳房痛も、これからは『気から系病』のカテゴリに放り込むことにする。

さて、1ヶ月経った今日、放治科の治験に協力しているアンケートを記入する。
2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月と続き、次回の診察の際に、このアンケートを持参する。
次回の診察は、 2012年2月8日。

真冬できっと寒いのだろう。キャミソール姿の今からは、おおよそ想像できない。
髪が伸びてさらに元気になった姿で、温かい放治科に顔を出したい。

看護師さんに言われて、肝に銘じたこと。
「放射線の跡のところ、いつまでも手加減して洗っていると、剥ける皮も剥けなくて、
皮膚にこびりついて、剥けずにそのまま残ってしまうので、注意してくださいね」

おお!言われなければ、泡泡のバブルハンズで、優しく柔らかく、ずっと手洗いするところでした。
これを踏まえて、だいぶ手加減はすれど、他の身体の部位を洗うのと同じく、
ナイロンタオルでごしごししている。

ナイロンタオル・・・肌には良くないのは重々承知なのだが、コレでごしごし擦らないことには、
どうも身体を洗った気がしない・・・。

家に【シルクパフ】なるものが2つあるので(昔購入していた下着屋のノベルティ)、
いい機会なので、これを使ってみるかな。

ナイロンタオルの成果か、今では乳首の、どす黒い皮は完全に剥け落ち、
(正に脱皮という感じで気持ちが良い)、
その周りの薄い日焼けの皮も剥け出し、とてもきれいな色の肌が、徐々に露出している。

日焼けが落ちるのには、個人差があるが、5年も経てば元通りになるそうだ。
わたしは絵に描いたような黄色人種で、日焼けも直ぐ吸収し、黒くなる皮膚質なので、
3年見ておけば大丈夫かな。
知らんけど。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

大量に余った『リンデロン-VG軟膏』というステロイドホルモン剤。

S先生は「蚊に刺されたところに塗ってもいいですよ」とおっしゃっていたのだが、
これって、医者のジョークなのかな・・・

あとで調べてみよう。(と思っても、最近直ぐ忘れる)

今日は、晴れてて(かなり期待薄)暑かったらアソコに行くのです。ふふふ。
神宮!!
落合監督の通算600勝を、今日、その場で一緒にお祝いできたら・・・!至福!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

le lys

Author:le lys

最新記事
最新コメント
カテゴリ
私の生きかた
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。